複合災害に立ち向かうために筑波研究学園都市の総力を挙げて取り組む研究プロジェクト

地域貢献活動

茨城県との連絡会

第二回 茨城県との連絡会の開催 (2013/02/07)

〇日時・会場
2013年2月7日(木)10:00~11:30 茨城県庁舎6階災害対策本部室にて

〇プログラム
1. 挨拶 山田 恭央(筑波大学システム情報系 教授)
2. プロジェクトの進捗状況について 太田 尚孝(筑波大学システム情報系 助教)
3. 筑波大学からの話題提供
(1) 茨城県沖で発生する巨大地震のシナリオとその可能性について
∟笠原 天人(筑波大学生命環境科学研究科 修士2年)
(2) 潮来市日の出地区における液状化被災後の転居・居住継続に関する住民調査
∟梅本 通孝(筑波大学システム情報系 講師)
4.茨城県からの話題提供
(1) 茨城県における津波浸水想定と海岸堤防等の目指すべき堤防高について
∟本橋 修二(土木部河川課 主任)
(2) 茨城県都市計画マスタープラン震災対策編の策定について
∟田中 郷三(土木部都市局都市計画課 技佐)
(3) 潮来日の出地区にある県営日の出住宅の復旧について
∟足立 信幸(土木部都市局住宅課 課長補佐(技術総括)
5.意見交換

司会進行 太田 尚孝(筑波大学ステム情報系 助教)

〇当日の模様(筑波大学HPからの抜粋)
2月7日、茨城県庁において、「巨大地震による複合災害の統合的リスクマネジメント」プロジェクト連絡会を開催しました。

当日、プロジェクト側からは、これまでのプロジェクトの進捗状況の説明の後に、「巨大地震のシナリオと可能性」、「液状化地域での転居居住に関する住民調査」について、県側からは「津波浸水想定と海岸堤防等の在り方」、「都市計画マスタープラン震災対策編」、「液状化地域の県営住宅の復旧」について発表があり、約30名の出席者が活発に意見交換を行いました。

〇プロジェクト側からの発表内容
Speaker:笠原 天人(筑波大学生命環境科学研究科 修士2年)
発表題目:茨城県沖で発生する巨大地震のシナリオとその可能性について
<要旨>
茨城県沖では、海山が沈み込んでおり、この海山の周辺でM7クラスの大地震が発生している。
東北地方太平洋沖地震直後に茨城県沖で発生した大地震も、この海山の周辺で発生しており、その破壊はこの海山の手前で停止していることが明らかになってきた。
現時点での最新の研究成果を説明しつつ、茨城県沖の巨大地震のシナリオと、その可能性について考える。
※発表資料のダウンロードはこちらから
発表資料

Speaker:梅本 通孝(筑波大学システム情報系 講師)
発表題目:潮来市日の出地区における液状化被災後の転居・居住継続に関する住民調査
<要旨>
東北地方太平洋沖地震によって甚大な液状化被害が生じた茨城県潮来市日の出地区の従前居住の全世帯主を対象に実施したアンケート調査の結果を報告する。震災発生以前の回答者・世帯の居住状況と震災による被害状況を踏まえた上で,震災後の転居の有無,及び,今後の居住継続意向の実態を示すとともに,それらへの影響要因について考察する。
※発表資料のダウンロードはこちらから
発表資料

〇当日の写真

第一回 茨城県との連絡会の開催 (2012/10/09)

〇日時・会場
2012年10月9日(火)10:00~11:30 茨城県庁舎6階災害対策本部室にて

〇プログラム
1.プロジェクト概要説明等
2.研究成果の発表
(1)「津波作用によるライフラインの被害」
∟(庄司学 准教授 筑波大学システム情報工学研究科 構造エネルギー工学専攻)
(2)「津波堆積物調査と茨城県における過去の津波」
∟(藤野滋弘 助教 筑波大学生命環境科学研究科 地球進化科学専攻)
3.意見交換

司会進行 ボグダン エネスク(筑波大学生命環境系 准教授)

〇プロジェクト側からの発表内容
Speaker:庄司 学(筑波大学システム情報系 准教授)
発表題目:津波作用によるライフラインの被害
<要旨>
2011年東北地方太平洋沖地震で被災した道路構造物のおよそ700データに及ぶ被災データを分析することで,強震動による損傷モードと津波作用による損傷モードに区分し,津波作用による落橋に係わる被害率曲線の構築を行った.これらの指標を,地域防災計画の立案に先立って行われる被害想定や防災戦略立案の際に利活用する枠組みを示す.
※発表資料のダウンロードはこちらから
発表資料(1)
発表資料(2)

Speaker:藤野 滋弘(筑波大学生命環境系 助教)
発表題目:津波堆積物調査と茨城県における過去の津波
<要旨>
- 茨城県を含む関東地方太平洋沿岸地域における歴史上記録のある地震・津波についてレビューする.
- 津波堆積物を用いた過去数千年間の津波記録復元についてその手法を紹介する.
- 津波堆積物調査で明らかにできること,できないこと,データ解釈上の留意点についても述べる.
※発表資料のダウンロードはこちらから
発表資料(1)
発表資料(2)
発表資料(3)

〇当日の写真