複合災害に立ち向かうために筑波研究学園都市の総力を挙げて取り組む研究プロジェクト

新着情報

【イベント情報】平成25年度「国土技術政策総合研究所 講演会」(12月3日(火)@日本教育会館一ツ橋ホール)

〇趣旨・概要
本講演会では、住宅・社会資本分野における技術開発の動向について、当所の研究部長などが講演を行います。
さらに、名古屋大学減災連携研究センターの福和伸夫センター長・教授をお招きして、『未来の子供たちのための克災』と題した特別講演を予定しています。
また、講演会終了後、意見交換会を開催致します。

〇イベント名
・平成25年度「国土技術政策総合研究所 講演会」イベントポスター

〇日時
平成25年12月3日(火)10時~17時15分 (開場9時30分)

〇会場
日本教育会館一ツ橋ホール(講演会会場)
神保町ダイニングカフェエスペリア(意見交換会)

〇内容

特別講演
「未来の子供たちのための克災」 福和 伸夫
名古屋大学減災連携研究センター長・教授
一般講演
・ソフト・ハードを駆使した防災・減災対策
 沿岸域の津波に対する耐性を高めるための研究
 大規模水害対策における予測技術の役割
鈴木 武(沿岸海洋・防災研究部長)
鳥居 謙一(河川研究部長)
・老朽化対策の最前線
 下水管ストックマネジメントの最新動向
 港湾施設のライフサイクル関連技術の動向
髙島 英二郎(下水道研究部長)
小泉 哲也(港湾研究部長)
・革新的な道路交通マネジメントの潮流と将来
 ITSによる革新的な道路交通マネジメントの潮流
塚田 幸広(高度情報化研究センター長)
・安全・安心で豊かな暮らしを支える
 建築分野における基準整備等への取り組み
 東日本大震災における住宅分野の取組みと今後の課題
向井 昭義(建築研究部長)
水谷 明大(住宅研究部長)
・研究の最前線
 日本の技術の国際展開(道路分野の例)
 表層崩壊の予測精度向上に向けて

 水素エネルギーによる建築・住宅の低炭素化

曽根 真理(企画部国際研究推進室長)
内田 太郎(危機管理技術研究センター
砂防研究室 主任研究官)
足永 靖信 (建築研究部環境・
設備基準研究室長)

〇参加費
・無料

〇申し込み先(事前登録制)・詳細
http://www.nilim.go.jp/lab/bbg/kouenkai/kouenkai2013/kouenkai2013.htm