複合災害に立ち向かうために筑波研究学園都市の総力を挙げて取り組む研究プロジェクト

新着情報

【事務局から】H26年度巨大地震プロジェクト報告会開催のご案内(3月24日(火))@筑波大学総合研究棟A110

〇「巨大地震による複合災害の統合的リスクマネジメント」平成26年度報告会の概要
プロジェクト開始から3年が経過し、残すところあと1年となりました。最終年度に向けて、プロジェクトの進捗状況や課題等をメンバー間で共有するための「報告会」を開催することとなりましたのでお知らせいたします。本報告会では、地方自治体、企業、研究機関や大学関係者による活動報告や各プロジェクトメンバーの成果報告、また今年度は学生による口頭発表もあります。学生や少しでも関心のある方など、皆様からもお声をかけていただき、多くの方々のご参加をお待ちしております。

日  時: 2015年3月24日(火)12:30 ~ 17:50
場  所: 筑波大学 総合研究棟A110(つくば市天王台1-1-1)
※会場はこちら

〇プログラム

12:30  挨 拶 吉川 晃[筑波大学副学長]
12:35  進捗報告 巨大地震プロジェクトの26年度報告と今後の展望
   八木 勇治[筑波大学生命環境系准教授・巨大地震プロジェク
第一部:筑波大学生命環境系・システム情報系大学院生の口頭発表
12:45  学生発表 2014年チリ・イキケ地震の複雑な破壊過程
   奥脇 亮 [生命環境科学研究科地球科学専攻]
13:00  学生発表 東日本大震災の地震動を入力した旧耐震木造住宅の実大振動実験
   汐満 将史[システム情報工学研究科構造エネルギー工学専攻]
13:15  学生発表 The effect of different soil types on 137Cs contaminated soil of northern Japan
   Li Min[筑波大学生命環境科学研究科物圏資源科学専攻]
13:30  学生発表 神栖市の津波避難シミュレーション ‐ H24年度実施内容の追試と検討
   松下 芽以[システム情報工学研究科社会工学専攻]
13:45  学生発表 東日本大震災液状化被災自治体における復旧支援と液状化対策の実態と課題
   田野井 雄吾[システム情報工学研究科社会工学専攻]
14:00  休 憩
第二部:多様な主体による震災復興・巨大地震対策の試み
14:20  活動報告 神栖市の震災復興とこれまでの取り組み
   鈴木 誠[神栖市副市長]
14:40  活動報告 神栖市の防災教育の展開と課題
   中田 信二[神栖市教育委員会教育指導課指導主事]
15:00  活動報告 筑波大学による復興支援活動について
   橋本 宏之[筑波大学企画室]
15:15  研究発表 千島・日本海溝沿いの歴史時代における巨大地震
   宍倉 正展[(独)産業技術総合研究所 活断層・火山研究部門
                     海溝型地震履歴研究グループ長]
15:35  講 演 大規模災害時における企業の社会的使命
   岡本 俊一[関彰商事 執行役員秘書室長]
   島田 茂[関彰商事 執行委役員法人事業本部エネルギー事業部長]
15:55  休 憩
第三部:各研究グループの研究成果の報告
16:15  成果報告 G1巨大地震と津波の特性
   八木 勇治[筑波大学生命環境系准教授]
16:30  成果報告 G2強震動・津波・土砂災害
   山田 恭央[筑波大学システム情報系教授]
16:45  成果報告 G3社会的基盤施設の被害
   庄司 学[筑波大学システム情報系准教授]
17:00  成果報告 G4長期災害と環境問題
   田村 憲司[筑波大学生命環境系教授]
17:15  成果報告 G5複合災害に伴う人間行動と社会的影響
   糸井川 栄一[筑波大学システム情報系教授]
17:30  成果報告 G6都市・地域の計画と復興
   大澤 義明[筑波大学システム情報系教授]
17:45   総括・挨拶 山田 恭央[筑波大学大学院システム情報系教授]

〇関係資料
・「巨大地震プロジェクト」平成26年度報告会のポスター

〇申込不要・参加費無料

〇関連リンク先
筑波大学のHPでの紹介記事