複合災害に立ち向かうために筑波研究学園都市の総力を挙げて取り組む研究プロジェクト

新着情報

【調査研究活動】東北沖地震後の急速な応力回復から示される巨大地震発生の不規則性

※下記の記事は、2015年2月3日 付けの筑波大学のHPにおける公表内容と同じものです。

筑波大学生命環境系のBogdan Enescu(エネスク ボグダン)准教授、スイス連邦工科大学チューリッヒ校のStefan Wiemer教授らの研究グループは、2011年東北沖地震後に見られる応力回復が従来考えられているよりもかなり急速に進んでおり、現在既に同地震前の応力状態に近くなっていることを突き止めました。これは、今後いつ再び大地震が発生してもおかしくない状態にあることを示しています。また、同地震震源域周辺との応力状態に空間的な差が見られないことから、今後起きる地震の大きさを予測するのは困難です。すなわち、本研究によって沈み込み帯における巨大地震には特徴的な大きさや繰り返し間隔が存在しない、ということが示唆されます。
 
図1: b値の三次元空間分布。b値の計算には2003年12月から2011年東北沖地震発生時までのデータを用いた。星印は2011年東北沖地震の震源、白い等高線は地震時のずれの分布(Yagi and Fukahata, 2011)を示す。左上の挿入図は、地図上のエリアA、B、C、Dにおける地震のマグニチュード・頻度の分布を示している。回帰直線の傾きはb値を示す(b値が大きいほど傾きが急)。右下の挿入図は北緯40度における断面図を示す。

 

関係資料
プレスリリース