複合災害に立ち向かうために筑波研究学園都市の総力を挙げて取り組む研究プロジェクト

新着情報

【地域貢献活動】10/12の潮来震災復興シンポジウムの模様をアップしました!

〇日時
・平成26年10月12日(日)13:30~16:30

〇会場
・潮来公民館大ホール(潮来市潮来456-1)

〇テーマ
・震災復興から創造的まちづくりへ-地域力を活かすためのつながり-

〇当日のプログラム

13:30-13:45
 
 
挨拶:大田友一(筑波大学副学長)
挨拶:松田千春(潮来市長) ※正しくは木へんに八と口
趣旨説明:大澤義明(筑波大学システム情報系教授)
13:45-14:05
 
基調講演:山田恭央(筑波大学システム情報系教授)
「災害に強いまちづくり-東日本大震災を教訓に」
14:05-14:35
 
 
プレゼン—ソトモノ・ワカモノ目線で潮来のまちづくりを考える
—清真学園高等学校(「起業で学ぶ現代」ゼミ有志)
—筑波大学学生隊(筑波大学大学院生・学類生有志)
14:35-14:55
 
話題提供:梅川智也(公益財団法人日本交通公社理事・筑波大学客員教授)
「地域主導の観光まちづくりのススメ」
14:55-15:10 休 憩(15分)
15:10-16:25
 
 
 
 
 
 
パネルディスカッション
—コーディネイター:糸井川栄一(筑波大学システム情報系教授)
—パネリスト:松田千春(潮来市長)
                     髙塚悌治(水郷潮来観光協会会長)
                     鈴木秀樹(鹿島アントラーズ取締役事業部長)
                     森竹巳(筑波大学芸術系教授)
                     庄司学(筑波大学システム情報系准教授)
16:25-16:30
 
総括:篠塚友一(筑波大学社会・国際学群長)
御礼:八木勇治(筑波大学生命環境系准教授・巨大地震PJ代表者)

司会進行:生稲史彦(筑波大学システム情報系准教授)

〇当日の模様
   10月12日(日)の13時半から16時半まで潮来公民館にて、今年度の鹿行震災復興シンポジウムを開催しました。今回のテーマは、「震災復興から創造的まちづくりへ-地域力を活かすためのつながり-」として、震災から3年半以上が経った中で、中長期的なまちづくりの方向性を再検討することが茨城の被災地において重要であるとの考えのもと、山田恭央(筑波大学システム情報系教授)から、「災害に強いまちづくり-東日本大震災を教訓に」と題した基調講演があり、その後、「ソトモノ・ワカモノ目線で潮来のまちづくりを考える」をモットーに、清真学園高等学校(「起業で学ぶ現代」ゼミ有志)及び筑波大学学生隊(筑波大学大学院生・学類生有志)から観光まちづくりに関わる提案がありました。
次に、話題提供では、梅川智也氏(公益財団法人日本交通公社理事・筑波大学客員教授)から地域主導型の観光まちづくりの進め方に対するヒントが示され、これらを受けて、糸井川栄一(筑波大学システム情報系教授)をコーディネーターにして、地元関係者ならびに潮来市で活動中の筑波大学教員を交えて、代替性のない潮来ならではの観光まちづくりと、その基盤としての安心・安全なまちづくりについて、議論が行われました。
なお、当日は120名以上の参加がありました。

〇当日の写真

会場の潮来公民館 大田副学長の挨拶 松田潮来市長の挨拶
 
大澤教授の趣旨説明 山田教授の基調講演 梅川氏の話題提供
 
清真学園のプレゼン 筑波大学学生隊のプレゼン パネルディスカッションの模様
 
篠塚学群長の総括 八木巨大地震PJ代表の御礼 フロアの様子

〇関連リンク先
筑波大学のHPでの紹介記事「茨城鹿行震災復興シンポジウムを開催」
http://www.tsukuba.ac.jp/news/n201410161620.html