複合災害に立ち向かうために筑波研究学園都市の総力を挙げて取り組む研究プロジェクト

新着情報

【事務局から】10月23日(木)に巨大地震プロジェクト特別研究会を開催します!@筑波大学総合研究B棟

〇概要
   巨大地震による複合災害を理解し、対策を練るには、幅広い分野の連携が重要となります。分野間の連携を深めるため、また、分野間の垣根を超えて議論をする場を作るために、特別研究会を開催します。特別研究会は三部構成になっており、第一部ではプロジェクトメンバーによる最新の研究成果の発表、第二部では「いわきノート –Fukushima Voice-」の上映、第三部では学生によるポスター発表を予定しています。プロジェクトメンバー以外の参加も歓迎します。多くの方の参加をお待ちしています。

〇日時および会場
日  時: 2014年10月23日(木)10時~18時
会  場: 筑波大学 総合研究B棟(B107, B110, B112, ギャラリー)

〇プログラム

第一部 (総合研究B112)
10:00 ~ 10:10 研究会の紹介(八木勇治 筑波大学生命環境系准教授・巨大地震プロジェクト代表者)
10:10 ~ 10:35 2014年チリ大地震の震源過程と前震活動
八木 勇治 (筑波大学生命環境系准教授)
 
10:35 ~ 11:00 日本の河川における出水攪乱発生頻度の統計的性質
白川 直樹(筑波大学システム情報系准教授)
 
11:00 ~ 11:25 重金属蓄積植物における放射性セシウムの吸収:内生微生物の関与した吸収機構の可能性
山路 恵子(筑波大学生命環境系准教授)
 
11:25 ~ 11:50 津波防災都市づくりと都市防災拠点機能・施設の維持・確保に関する研究
木内 望(国土交通省 国土技術政策総合研究所 都市研究部 都市計画研究室 室長)
 
休憩
第二部 (総合研究B110)
13:00 ~ 13:05 開会の挨拶(吉川 晃 筑波大学副学長)
13:05 ~ 13:10 “Creative Reconstruction”(CR)の活動と映画制作についての説明
五十殿 利治 (筑波大学芸術系教授・創造的復興プロジェクト プロジェクトリーダー)
 
13:15 ~ 14:45 「いわきノート(Fukushima Voice)」(ドキュメンタリー映画)
14:45 ~ 15:15 CR関係者および学生のトーク、質疑応答等
休憩
第三部 (総合研究B107, ギャラリー, B110)
15:30 ~ 17:00 学生のポスター発表
17:15 ~ 17:50 評価、学生への賞の発表
17:50 ~ 18:00 閉会の挨拶 (白岩 善博 筑波大学生命環境系長)

司会進行:エネスク ボグダン(筑波大学生命環境系 准教授)、平野 史朗(筑波大学システム情報系 研究員)、
飯田 将茂(筑波大学創造的復興プロジェクト 研究員)

※巨大地震プロジェクト特別研究会の要旨(第一部第三部

問い合せ先:筑波大学生命環境系 エネスク ボグダン [ benescu@geol.tsukuba.ac.jp]