複合災害に立ち向かうために筑波研究学園都市の総力を挙げて取り組む研究プロジェクト

新着情報

【事務局から】10月12日(日)に潮来震災復興シンポジウムを開催します!

〇開催趣旨
   2011年3月の東日本大震災から3年以上が経過し、潮来市での復興への道筋も着実にみえつつあります。今後の潮来市の発展のためには、防災機能の強化と同時に、定住人口・交流人口の増加が必要不可欠といえます。潮来市は市内に多くの宿泊施設を持ち、観光資源も豊富ですが、近未来の交通インフラの発展動向を踏まえて、あらためて地域資源を活かしたまちづくりが求められています。
  本シンポジウムでは、東日本大震災からの復旧・復興をとらえなおすとともに、これからの潮来を考えるためのヒントを世代や立場を越えて見出したいと考えています。
※シンポジウムのポスターはこちらから

〇日時・会場
・2014年10月12日(日)13:30~16:30
・潮来公民館大ホール(潮来市潮来456-1) 会場はこちら
※入場無料、事前登録は不要です。多くの方のご参加をお待ちしています!

〇テーマ
・震災復興から創造的まちづくりへ-地域力を活かすためのつながり-

〇プログラム ※松田市長の「松」は正しくは木へんに八と口

12:30 受付開始
13:30-13:45 挨拶:大田友一(筑波大学副学長)
挨拶:松田千春(潮来市市長)
趣旨説明:大澤義明(筑波大学システム情報系教授)
13:45-14:05 基調講演:山田恭央(筑波大学システム情報系教授)
               「(仮)災害に強いまちづくり-東日本大震災を教訓に」
14:05-14:35 プレゼン—ソトモノ・ワカモノ目線で潮来のまちづくりを考える
   —清真学園高等学校(「起業で学ぶ現代」ゼミ有志)
   —筑波大学学生隊(筑波大学大学院生・学類生有志)
14:35-14:55 話題提供:梅川智也(公益財団法人日本交通公社理事・筑波大学客員教授)
               「(仮)これからの観光まちづくりに必要なもの」
14:55-15:10 休 憩(15分)
15:10-16:25 パネルディスカッション
—コーディネイター:糸井川栄一(筑波大学システム情報系教授)
—パネリスト:松田千春(潮来市長)
                    髙塚悌治(水郷潮来観光協会会長)
                    鈴木秀樹(鹿島アントラーズ取締役事業部長)
                    森竹巳(筑波大学芸術系教授)
                    庄司学(筑波大学システム情報系准教授)
16:25-16:30 御礼:八木勇治(筑波大学生命環境系准教授・巨大地震PJ代表者)

司会進行:生稲史彦(筑波大学システム情報系准教授)