複合災害に立ち向かうために筑波研究学園都市の総力を挙げて取り組む研究プロジェクト

代表者からのご挨拶

八木 勇治

八木 勇治

筑波大学 生命環境科学研究科
地球進化科学専攻

日本は、巨大地震が発生する世界有数の地震地帯に位置しています。日本に住むかぎり、地震と津波という厄介な自然現象と付き合って行くしかありません。東日本大震災では、想定外とされる現象が発生したことにより、被害が複雑に拡大し、その対応は困難を極めました。このような予想が難しい地震という現象とどのように付き合えば良いのか、明確な答えはまだないと思います。

巨大地震・津波、それによる一次災害、二次災害も含めた現象のプロセスとメカニズムを理解することは、巨大地震による複合災害の対策を練る上で重要といえるでしょう。将来発生する複合災害に立ち向かうには、それぞれの研究分野が出した結果をそのまま鵜呑みにして使用するのではなく、その結果の限界や不確定性について、分野間で一緒に考えるシステムが必要でしょう。本プロジェクトでは、様々な研究機関が集積しているつくばの立地を利用して、分野間の壁をできるだけ排除して、巨大地震と複合災害を理解し、複合災害の統合的リクスマネジメントの枠組みを構築することを目指します。

さて、茨城県は、東北地方と比して被害が少なかったため、被災地であるということを忘れられがちであると感じています。本プロジェクトは、茨城県の災害対策や復興をバックアップすべく、県庁や市町村と連携しているのも特色の一つです。次世代の防災を担う研究者が育ち、研究成果が地域貢献につながる、そういったプロジェクトになるよう、メンバーと一緒に取り組んでいきたいと考えています。

巨大地震プロジェクト動画配信中

プロジェクト概要資料

関係者専用ページへ